俳優という名の男たち「緒形拳 掌(てのひら)」

今もなお、私が敬愛してやまない今は亡き一人の俳優さんがいらっしゃいます。
その名は「緒形拳さん」。
平成5年10月5日に亡くなって、今年は早七回忌を迎えられます。

今夜は、NHK BSプレミアムでその「緒形拳さん」を偲ぶ番組が放送されます。

俳優という名の男たち「緒形拳 掌(てのひら)」
[BSプレミアム]9月17日(水) 午後10:00~11:00


画像
画像
画像
画像



【出演】緒形拳,津川雅彦,倍賞美津子,小島聖,池端俊策,垣井道弘
【語り】豊川悦司

平成5年10月、病と闘いながら死の間際まで演じ続けた名優・緒形拳の七回忌を迎える。緒形は「復讐するは我にあり」などの映画やドラマ、舞台の迫真の演技で人々を魅了した、昭和を代表する俳優。番組では、生前の肉声テープを初公開。その秘められた思いに迫る。緒形が自分の手に抱いていた意外な思いとは? 壮絶な俳優人生の原動力とは? そして、人生最後の舞台となった一人芝居「白野」で、最後のせりふに込めた“心の叫び”とは?



太字部分、並びに画像はNHKのサイトからお借りしました。


6年経っても、まだ多くの人々の記憶に残る「緒形拳さん」。
本当に、名優でいらっしゃいました。

「BUNKAMURA シアターコクーン」で演じられた一人芝居「白野」も、二度拝見させて頂きました。
特に、上記にも書かれている人生最後の舞台となった平成4年の舞台は、千秋楽の日に拝見させて頂いたので、本当に最後の最後の舞台だったのだと、今しみじみと思い出しています。

「これぞ男の~心意気!」 “よっ!緒形~!”の掛け声…
銀杏の紙吹雪がハラハラと舞い散る舞台のエンディング。
緒形さんの命がけの迫力ある演技を、
最前列、かぶり付きの席で拝見したことが、まるで昨日のことのように鮮やかに思い出されます。


緒形さんは、たくさんの素敵な縁を繋いで下さいました。
今もなお、そのご縁が私を生かしてくれていると言っても決して過言ではありません。
苦しい時、悲しい時、たくさんの緒形さんの言葉が私を励まし、癒して下さいました。


俳優という名の男たち「緒形拳 掌(てのひら)」。
今夜、お時間のある方は、この機会に生涯現役を貫いた「緒形拳」の姿をご覧頂ければ幸せでございます。

ということで、珍しく朝の投稿をさせて頂きました!









読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)