ビブリア古書堂・ロケ地巡り

丁度去年の今頃、私はドラマ「最後から二番目の恋」に夢中になって、
鎌倉市内のロケ地巡りをしていました。

あれから1年経って、再び鎌倉を舞台にしたドラマが始まっています。
「ビブリア古書堂の事件手帖」というドラマ。
小説のドラマ化ということで、原作を読まれた方には、キャスティングに違和感があるとのことでしたが、
原作を読んでいない私は、単純にドラマに出てくる鎌倉の風景を楽しんでいます。


そして、ミーハーな私は、
鎌倉に散策に出掛けた折に、ボチボチとロケ地を巡っています。
今日は、第1話・第2話に登場したロケ地を少しだけご紹介したいと思います。

まずは、「ビブリア古書堂」から。

画像
画像


「それから」も「落ち穂拾い」も置いてありませんでしたが…
ドラマのポスターはちゃんと貼られていました。

画像


こちらは、大輔くんが自転車を走らせていた自宅の側?

画像
画像


いかにも、鎌倉の住宅街の路地という感じが良いですね!
この朱塗りの橋は、何と私と同い年でした。

そして、ここは第2話のお話の中心になっていた「妙本寺」。

画像
画像


「妙本寺」は私の大好きなお寺の一つで、「梅」や「海棠」の美しいところです。
昨年だったか、塗り直された山門の朱色も綺麗です。
「最後から二番目」でも使われていたお寺ですよね?!
残念ながら、今年はまだどちらも蕾が固く、花の気配は全くありませんが、花の季節にはまた訪れたいと思います。
あっ、ちなみにこの近くにはバス停はありません^^;
というか、この辺りはバスが入れるほどの広い道ではありませんから。


「最後から二番目の恋」の時には、
私自身が生まれ育った長谷・坂の下が舞台になっていたこともあり、
ストーリーも共感できる部分がたくさんありで、夢中になってドラマを見ていたし、ロケ地巡りもしましたが、
「ビブリア古書堂の事件手帖」については、今一つのめり込めずにはいます。
でも、こうして自分の知っている場所がドラマの中に映し出されると、ジッとしていられないのも事実です。


これからも、鎌倉散策の折りには「ビブリア古書堂の事件手帖」のロケ地を巡るという楽しみも付け加えながら、春に向かう鎌倉をご紹介できたらと思っています。








読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0