含笑花

今年は、梅雨入りが早そうですね。
先日の九州南部に次いで、今日は、中国・四国・近畿地方で梅雨に入ったようです。
去年に比べると、18日も早いとか…

雨が、農産物の生育に欠かせない天の恵みであることは、十分理解しています。
でも、「梅雨」と聞くと、どうしても気分が重くなってしまいます。
東日本大震災の被災地では、復興を妨げる憂鬱な雨の季節になるのでしょう。


そんな雨の季節ですが、
嬉しいのは、香りの良い花や紫陽花など雨の似合う花と出会えることです。

今、私の散歩道では、先日ご紹介した「スイカズラ」や「テイカカズラ」に加えて、
「カラタネオガタマ(唐種招霊)」が芳しい香りを漂わせています。

画像
画像
こちらがカラタネオガタマの花
画像
画像
こちらは蕾

花は地味ですが、バナナのような甘い香りが、本当に素敵です。
思わず足を止めて、花に近寄って、暫し香りに癒される日々が続いています。


「カラタネオガタマ」という花の名前は、何年か前にお友だちに教えて頂いて以来、記憶に残っています。
でも、「オガタマ」を漢字で書くと「招霊」というのは、実は今年初めて知りました。
漢字で表した通りに、神社やお寺などに多く植えられているとのこと。
そういうことを知ると、何だかとても神秘的な印象がしますね。


さらに、「カラタネオガタマ」について調べてみると、
中国では、「含笑花」という呼び方をされているということも知りました。
「含笑花」
なんて素敵な名前でしょう~!!
姿は控え目だけれども、甘く芳しい香りは、通りかかる人を思わず笑顔にしてしまうのでしょう。

震災以来、個人的な憂鬱も加わり、なかなか心からの笑顔になれない日々が続いています。
けれども、東北が、日本が元気になるためには、みんなが“笑顔”を心掛けることが大切なのですよね!
みんなが“笑顔”になれるように、神々がこの「カラタネオガタマ」「含笑花」を届けて下さった…
そう思うと、何だかとても敬虔な有難い気持ちになれます。

香りに呼びとめられて、この花を見つけ、思わず笑顔になれる人が増えたらいいなぁ…
そんな風に思っています。
花の香りに癒されながら、雨の季節を上手に乗り切っていきたいものです。











読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0