THIS IS IT

今日は、ついにMJの“THIS IS IT ”を観て来ました!!

画像


京都から帰ってすぐにネット予約をして、漸く手に入れたのは最終日の今日のチケットでした!
勿論、今日の分は全てSOLD OUTでした。

私は今まで、MJの音楽は耳にすることはあっても、特別な思い入れはありませんでした。
でも…
今日“THIS IS IT ”を見て、改めてMJのカッコよさ、彼の音楽・ダンスへの熱い思いを知り、感動しました。
まさに、“KING OF POP”そのものです。
彼の周りの人々も、実に素晴らしいです。
彼と時と場所を共有できることの嬉しさが、こちらにまで伝わってきました。

自然を愛し、この地球を守ろうとする彼のメッセージも、確かに受け止めました。

もっと早く、彼の音楽や姿勢を知っておくべきでした。
いや、マスコミの伝えるあれこれに惑わされずに、素直に彼を見つめるべきでした。
MJ,本当に素晴らしかったです。


映画館の平日の昼間の席が、全て埋まっているのを見たのは、初めてかも知れません。
最後には、劇場の客席から大きな拍手が渦のように沸き起こりました。
(実は、私は途中にも何度も拍手を、歓声を送りたくなったのですが…)
その中で、感動の涙が溢れました。


表現者というのは、壮大なパワーを持っています。
その遺志は、亡くなった後も人々を感動させることが出来ます。
彼が命をかけて伝えたこの音楽という名のメッセージは、永遠のものなのです。
彼の姿形は見られなくなっても、魂がそれを伝え続けます!


“THIS IS IT ”の上映されたシアターを出ると、劇場の通路にあった、豊川悦司さんの「今度は愛妻家」のポスターが目に飛び込んできました。
豊川さんの風貌が、一瞬「緒形拳さん」を思わせてドキッとしました。

緒形さんも、やはり表現者。
先日、京都の夜、たまたまつけたテレビの画面に、「緒形さん」の姿を見ました。
「緒形さん」も永遠に私の心の中で生き続け、メッセージを送り続けて下さっています。


MJと緒形さん。
まったく違ったジャンルの方ですが、共に素晴らしい表現者!
これからも、たくさんのことを受け止めさせて頂きたいと思いました。


MJに。
緒形さんに。
改めて感謝!!





読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0