進路!

塾や家庭教師の中学3年生の生徒たちが、進路の最終決定をする時期になりました。
今日は、塾の生徒の“Nちゃん”が、調理師専門学校への願書を出願してきました。

ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、“Nちゃん”は、色々な事情で、学校に行けなくなったり、保健室の先生の不適切な言葉に傷つきながら、中学3年生を過ごしてきた子です。
彼女自身、料理をする事が大好きで、小学生の頃から、
「将来は調理師になりたい!」
と、夢見ていた子です。

調理師専門学校は、試験といっても、筆記試験はなく、書類選考と面接で合否が決定します。
彼女の、調理師への熱い想いが伝われば、まず間違いなく合格できると思います。
恐らく、今月中に吉報が届く事でしょう。

辛い時間を頑張って過ごしてきた“Nちゃん”だからこそ、一日も早く心穏やかな時間を迎えさせてあげたいものです。


他の中学3年生も、徐々に面談で進路を決めようとしています。
敢えて努力をしなくても、そこそこに入れそうな高校を選択する子もいれば、まだ、どうしても無理と思われる高校に拘っている子もいます。

私は、これまでの経験からのアドバイスはしますが、最終的には、子供と家庭で相談して、学校に「ここならば…」と言われて決めた結果を応援する事になります。
あくまでも、応援する事しか出来ません。
結局、頑張るか頑張らないかは、その子の努力次第ですから。
いくら、私が時間を掛けて課題を出して説明しても、それを自分の力に出来なければ、結果は出ません。

ゆとり教育世代の今の中学生は、本当に努力をしなくなっています。
私が一人でどんなに頑張っても、想いはなかなか届きません。

けれども、親御さんの期待が大きい事も事実で、これからの時期は正直辛いものがあります。
去年の受験生“Cちゃん”の場合は、親御さんが、
「やるやらないは、本人次第」
と、分かっていて下さったので、私も助かりました。


今年は、その点、少し心が重いです。
家庭教師の生徒たちとは、まだ1年にも満たないお付き合いで、お互い十分に理解し合えていない部分も多いし、親御さんとの距離も微妙です。

これから暫くは、進路がどう決定するかを見守り、
そして、それぞれの進路希望が確定したら、精一杯応援する日が続く事になるでしょう。
出来る事ならば、皆、確実な進路の選択をして欲しいものですが…

さてさて、どうなることでしょう~(~_~;)



読んで頂き有り難うございます!
よろしかったら、ブログランキングのクリック、お願いします!

人気blogランキングへ

仲良し親子を応援して下さいね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0