母の孔雀サボテン

明日に備えて、今日は月に一度の大掃除の日。
毎月、
「来月こそは、直前になってドタバタしないように…」
と、思っているのですが、こればかりは、なかなか『有言実行』とはいきません。

午前中は、疲れきった娘が寝ていたので、私も付き合って横になってウトウトしている間に過ぎてしまいました。
午後になっても、なかなか調子が出ずに、掛け声ばかり勇ましく、行動の方は空振り気味。
カーテンやファブリックの洗濯をしたくらいで、片付けの方は…(-_-;)

夕方近くになって、娘が、
「今日は高校時代の部活仲間のOB会に出掛けるからね~」
と言って支度を始めました。
私も、漸く重い腰を上げて、お出掛けの支度の済んだ娘と一緒に買い物に出ることにしました。

買い物から帰って、娘のいない中、段々と調子が上がってきました。
バタバタと片付けをして、一通り掃除機をかけました。
といっても、まだまだ拭き掃除などには、手が付けられませんが…。

一人の夕食は、いつもなら残りご飯に、レトルトカレーで済ませてしまうところです。
でも、今日は「生トマトとモッツレラチーズのパスタ」なんて、作ってしまいました。
娘がいないと、ちょっぴりゆとりの気分かな。

片付けや掃除も、丑三つ時にならずに終わりそうです。
今夜中に、トイレと洗面所の掃除だけ済ませれば、後は明日で大丈夫なはず…デス!?

ところで、今日も母に『具合はどう~?』メールをしたところ、
「孔雀サボテンの花が、綺麗に咲いて元気が出た!!」
という返事が戻ってきました。
そう言えば、昨日も、
「もうすぐ咲きそう」と言っていましたっけ~!

私は、花のことをよく日記に書きますが、実は花を育てるのはあまり得意ではありません。
特に、何年も同じ花を咲かせ続けるのが、苦手なのです。
花が咲いているときは、チヤホヤするのですが、花が終わってしまった後の手入れをサボってしまうために、翌年、花が咲く前に枯らせてしまったり、根腐れさせてしまうのです。

ところが母は、同じ花を何年も咲かせるのが上手なのです。
普通、一年草と言われている花でも、翌年にちゃんと咲かせてしまうのです。
家の中の片付けは、からきし駄目な母ですが、花を育てる事に関しては才能のようなものがあるのかも知れません。

余程嬉しかったのでしょう。
咲いた「孔雀サボテン」の花を写メールで送ってくれました。

画像


綺麗に咲いても、一日か二日の寿命の花ですから、みんなに見せたかったのでしょうね。
娘のところにも、同じ写メールが届いたそうです(笑)
もしかして、この花のことが気になって、早々に退院してしまったのかしら。
母の気持ちになって、皆さんにも「孔雀サボテン」を見て頂くなりました。

何はともあれ、やはり母にとっても、花は癒しの素のようですね。
今年の母の誕生日には、母の好きな「百合の花」を、切花ではなく、苗で探してみようかな~?
そうすれば、お花の手入れをするためにも、元気で頑張ろうと考えてくれるかもしれませんね。
ちなみに、6月生まれの母の名前は「百合子さん」なのです~(笑)




読んで頂き有り難うございます!  
よろしかったら、ブログランキングのクリック、お願いします!



仲良し親子を応援して下さいね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0