梅雨らしい空模様&架線トラブル

梅雨入りから1週間あまり。
漸く梅雨空が戻ってきました。
水不足のところでは、待ちに待った恵みの雨になったのでしょうか。

いつもなら、雨が降ると何となく憂鬱になって、何をするのも億劫になったりします。
今日の雨は、少し違った感じて受け止められました。

我が家は、最寄り駅まで徒歩で15分ちょっと。
普段は自転車を使って、5分ほどで行く事が出来ます。
バスも頻繁に出ているので、雨の日はどうしても歩くよりもバスを利用してしまいます。

でも、今日家庭教師に出掛けるとき、雨の中を傘をさして15分の道のりを歩いてしまいました。
何だか、雨がとても嬉しかったからです。
雨に濡れた生垣や街路樹の木々も心なしか喜んでいるように見えました。
「アベリア」という名前で呼ばれることも多い「ハナツクバネウツギ」もそんな一つでした。

画像
画像


我が家の近くでは、生垣に良く見られる木です。
(この写真は今日撮ったものではありません。さすがに雨の日に傘と勉強道具を持って写真を撮るのは難しいです^^;)

「ハナツクバネウツギ」と言う名は、実の形が追羽根の羽根に似ていて、木の姿が空木に似ているので両方を足し合わせて付けられたそうです。

「夏至」の日は、太陽の光は見られない一日になりましたが、明日はまた紫外線いっぱいの日が戻ってきそうですね。
もう、2~3日は静かに雨音を感じて過ごしたかったのに…などと思ってしまいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、関東地方のニュースでは、散々報道されていたので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今日、JR東日本で大規模な架線事故がありました。
18万50000人が影響を受け、電車の中に閉じ込められたり、線路を歩いて最寄り駅に行ったりと、大変な事になっていたようです。
具合が悪くなって、救急車で搬送された人も大勢いたとか。

この路線、実は毎日娘が通勤に利用しているところなのです。

娘は、このところ仕事が忙しく、毎日早出が続いています。
朝は5時過ぎには起き、6時頃には家を出て、8時前に会社に着くようにしています。
毎日、本当に大変そうで、母は心配でなりませんでした。
ところが、今日はその早出が幸いしたようです。

事故の起きた時間は、7時55分ということでした。
娘も早出をしていなかったら、時間的に丁度この事故に巻き込まれるところでした。
連日の寝不足で、体調は決して万全ではありません。
もしも、電車の中に閉じ込められていたりしたら…と考えると恐ろしくなります。

毎朝、どんなに早くても、仏壇のお水だけは変えるのが習慣になっている娘。
毎月、納骨堂参りに一緒についてきてくれる娘。
こんな時に、パパはやっぱり守ってくれているのですね。

暢気な母は雨に夢中でニュースを見ていなかったので知らなかったのですが、帰ってきた娘から話を聞いて、「目に見えないものの力」を改めて感じ、感謝したくなりました。

仕事での悩みも尽きないようですが、もう少し頑張れたらいいなぁ~と、母は思っています。




読んで頂き有り難うございます!  
よろしかったら、ブログランキングのクリック、お願いします!



仲良し親子を応援して下さいね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0