テーマ:京都

退蔵院の枝垂れ桜

今回の京都への旅の中で、 一番期待を寄せていたのは、「妙心寺」の塔頭「退蔵院」の枝垂れ桜でした。 「そうだ!京都へ行こう!」のポスターにもなった「退蔵院」の枝垂れ桜。 秋や冬に京都を訪れる度に、そのポスターを眺めては、 「いつかこの桜を見ることが出来たら…」 と夢を抱いていました。 その桜が、少し遅いかも知れないけれど、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上賀茂神社の桜と賀茂競馬

今日も京都はお天気に恵まれて、 名残りの桜を求めての素晴らしい時間。 色々な情報から、 「まだ、桜が見頃」と聞いていた「上賀茂神社」に向かいました。 斎王桜が美しい!! 近寄ってみると、まさに満開! 緑がかった黄色のうこん桜 風流桜 細殿では結婚式が行われていました 朱塗りの社と名残りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善峯寺の枝垂れ桜

大好きな京都に来て、 今日はまず善峯寺に向かいました。 もう、桜の時期には遅いのは、 十分分かっていましたが… 去年の秋に見事な紅葉を楽しんだこのお寺に、実は桜の木もたくさんあることを知り、 いつか是非訪れてみたいと思っていました。 全山が桜に彩られる風景は、 さすがに眺めることが出来ませんでしたが、 それでも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@正法寺

今日も寒い一日でしたね。 特に、午後になって冷たい雨が降り始めてから、 一際冷え込みが厳しくなったような気がします。 お昼を食べて、コタツでボーッとしていたら、 何だか一服盛られたように眠気が襲って来て、 思いがけず爆睡してしまいました。 京都から帰って1週間。 溜まっていた疲れが、今頃になって少し出てきたのかも知れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@建仁寺

今日は、朝から真っ青な青空が広がりました。 その分、空気がピンと張りつめたような冷たさで、本格的な冬の寒さを感じる一日になりました。 これが、冬晴れというものなのでしょう。 でも、まだ身体が寒さに慣れていないので、この冷たい空気は殊更に堪えます。 我が家でも、ついにエアコンの掃除をして、部屋に暖房を入れてしまいました。 忙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@赤山禅院

今日は終日、強い風が吹いていました。 京都に出掛ける前には、真っ赤に色づいていた我が家の柿の葉っぱも、 今日の強風で、すっかり吹き飛んでしまいました。 夜になって、風が止むと一気に冷え込んできました。 ちょっと外に出てみると、指先が悴み、鼻の頭がジンジンするような… そんな寒さを感じたのは、今年初めてのような気がします。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

真っ赤な京都@宝筐院

いよいよ今日から師走。 今年のカレンダーも最後のページを迎えました。 12月最初の日は、ちょっと荒れ模様のお天気。 雨が降っていたかと思うと、突然晴れ間が出て、 これでもう雨も上がったのかと思ったら、 今度は、バケツをひっくり返したような土砂降りの雨が降って、 その雨上がりに虹が見られました。 先週の今頃は、京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@勝持寺

京都から戻って。 楽しさと嬉しさが先立っていたとは言え、 さすがに毎日少し頑張り過ぎてしまったのでしょうか。 今朝は、目が覚めてもなかなか起き上がることが出来ず、 うとうととまどろむ時間が長引いてしまいました。 そんな風にまどろんでいる間、体は家に戻っても、 心はまだ真っ赤な京都の紅葉の中で遊んでいるような、そんな時間で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

真っ赤な京都@一休寺

いよいよ、今日は京都滞在最終日。 幸いお天気も回復して、穏やかな紅葉日和になりました。 1週間近く滞在しても、まだまだ飽くことのない京都ですが、 まぁ、いつまで滞在してもこれで満足と言うことは、きっとないのでしょう。 今日は京都を南に下って、京田辺にある「一休寺」に行って来ました。 実は、名前だけは聞いたことがありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@大河内山荘

京都滞在5日目を迎えました。 朝はどんよりとした曇り空でしたが、日中には一時日も差し、 のんびりと、おひとりさまの京都散策を楽しむことが出来ました。 今回、私が京都に行くと話していた時、 友人から、嵯峨野の「大河内山荘」がとても良いところだと聞いていました。 実は、昨日娘のいる間に嵯峨野方面を散策しようと思っていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@智積院

京都滞在4日目を迎えました。 今日は、あいにくの雨降りでしたが、 昨日までの連休も終わり、京都の混雑も一息ついたようだったので、 勇気を出して、今日は街中に足を踏み入れてみました。 目的地は、東山の「智積院」。 ここならば、雨がひどくてもお寺の建物の中に入れて頂くことができ、 畳の上に座って、ぼんやりとまったりとお庭の干…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@圓光寺

京都滞在3日目。 今日も、大混雑の街中を上手に抜けて、 真っ赤な京都を存分に楽しんできました。 京都に来てから、ずっと今年の紅葉の鮮やかさには圧倒されっぱなしですが、 そんな中で、今日は今年是非訪れてみたいと思っていた「圓光寺」に行くことが出来ました。 何年か前、“京都冬の旅”で、京都を訪れた時に、 水琴窟の音色…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は結婚記念日なので

京都滞在2日目。 今日もお天気に恵まれて、真っ赤に色づいた京都の紅葉を堪能しました。 こちらは、醍醐寺の紅葉です。 やはり、今年の紅葉の色づきは本当に素晴らしいです! そんな、京都の紅葉以上に今日は嬉しいことがありました。 11月23日は、私と主人の結婚記念日でした。 主人が元気だったら、今年は33回目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な京都@善峰寺・大原野神社

昨夜遅くの深夜バスに乗って、 今日の朝、京都入りしました。 朝早くにも拘わらず、京都の駅周辺は既に団体の観光客などで大混雑です。 覚悟はしていたものの、紅葉の時期の京都の人気ぶりに、思わず苦笑い。 今日は、京都の街中に出ることは断念して、 西山方面をのんびりと巡ることにしました。 まずは、「善峯寺」へ。 ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都町歩き

今日は、先週の猛暑に比べると幾分涼しかったような気がします。 暑さに少し体が慣れてきたせいもあるのでしょうが、 暑くても32度くらいだと楽でいいですね。 さて。 祇園祭に京都に行ってから、早いものでもう10日余りになります。 勿論、メインは祇園祭で、存分に楽しんできたのですが、 町歩きをして、素敵なものを見たり、美味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭・山鉾巡行(備忘録に)

昨日は、祇園祭の後祭の山鉾巡行が行われていましたね。 今年の祇園祭の大きな話題と言えば、 半世紀ぶりの「後祭」の復興と、150年振りの「大船鉾」の巡行復帰でした。 早いもので、私が前祭の山鉾巡行を見に出掛けてから1週間が過ぎてしまいました。 山鉾の紹介も、途中で止まったままになっていて… 少し間が抜けてしまいましたが、ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東寺の蓮

祇園祭のリポート、まだまだ続けたいのですが、 「山鉾巡行」の話は、ここでちょっとひと休み。 久し振りの京都。 やはりお花の話もしておきたいです。 この時期、古都を彩るのは何と言っても「蓮の花」。 夜行バスで、せっかく早朝に京都に着いたのですから、まずは「蓮の花」を眺めてから、 祇園祭の「山鉾巡行」を見に行こうと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭・山鉾巡行(2番~10番)

祇園祭は、平安時代、京の都に疫病が流行したとき、神泉苑に66本の鉾を立てて祇園の神を迎えて祭り、 疫病退散の祈りを捧げ、荒ぶる神の鎮魂を願ったことに始まります。 動く美術館と言われる、山鉾風流の出現は、応仁の乱の後、14世紀中頃と言われ、 既に、650年の歴史を重ねています。 今年は、半世紀ぶりに後祭が復興し、 山鉾巡行も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭・山鉾巡行(長刀鉾)

今年は、ついに… 生まれて初めての「祇園祭・山鉾巡行」を見ることが出来ました。 朝、5時半に夜行バスで京都に到着。 夜行バスのラウンジで支度を整えたり、 「東寺」の蓮を見に行ったりした後、 8時前に四条烏丸の交差点近く、「長刀鉾」の側に位置取りをしました。 まずは、「長刀鉾」の出発からの見学です。 23基の山鉾が四条烏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭に行って来ます!

今日も暑い一日でしたね。 九州の一部では、梅雨明け宣言も出ているようですが、 そろそろ、関東も梅雨明け宣言が出ても良いような気がします。 蝉の声も聞こえ始めましたし… さて。 夏と言えば、お祭り。 先週の土曜日には、鎌倉祇園大町まつりに行って来ましたが、 今週は、いよいよ本場京都の祇園祭です。 今宵は、祇園祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨菊

昨日、鎌倉「長谷寺」のライトアップを見に行ったら、 何だかまた、京都が懐かしくなってしまって… 今年の京都の紅葉のアルバムを見返していました。 そう言えば、京都の日記は紅葉便りばかりになっていましたね。 アルバムの中には、美しい花もたくさんあって、 今日でもう2週間も経ってしまいましたが、改めて京都で出会った美しい花も記録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大安吉日なので

今日は、11月最後の大安吉日。 このところ、ずっと娘は仕事から帰ると、 2月1日の結婚披露宴の招待状の表書き、封入、切手貼りなどに忙しく取り組んでいましたが、 それは、今日の大安吉日に、招待状を発送するためでした。 自分の時の記憶は、既に曖昧なのですが… いついつまでに発送するということは決まっていても、 お日柄を意識し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散紅葉

12月最後の週ももう半分が過ぎようとしています。 思えば、先週の水曜日は、夜行バスで京都に到着した日で、 それから5日間、真っ赤に染まった京都の街を満喫してきたのでした。 時間が過ぎるのが、本当に早く感じられます。 京都から帰っての日常生活は、慌ただしく過ぎてゆきます。 でも、心はまだ京都の街にいるような気がして、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹲・手水鉢

旅から戻って、新しい1週間が始まりました。 気が付けば、もう11月の最終週になっていました。 京都にいた5日間は、もう楽しくて夢中で過ごしていましたが、 さすがに今日は疲れが出てきました。 旅の荷物を片付けて、洗濯をするのが精一杯。 後は、旅の写真を眺めてボーッと過ごしてしまいました。 京都の紅葉は、本当に鮮やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 京都5日目

今年の秋の京都への旅も、いよいよ今日が最後の日でした。 私は、十分過ぎるほど、京都の紅葉を満喫したけれど… 娘は、1泊2日だったので、少々物足りなかったかな。 それでも、2人で過ごす僅かな時間を惜しむように、今日も大好きな京都の街を歩き回って来ました。 まずは、鷹が峰「常照寺」へ。 吉野太夫所縁のお寺。 去年、ここを訪れ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

2013 京都4日目

今日は、娘と合流して… 午前中一つ用足しをした後、再び京都散策を開始しました。 混雑の酷いバスの利用は控えて、地下鉄で東山に向かいました。 そこから、東山散策を。 こちらは、かの有名な「八坂の塔」 この角度から眺める「八坂の塔」はやはりいかにも京都という感じがしますね。 八坂の塔のすぐ近く、「庚申…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013 京都3日目

早いもので、京都に来て3日目を迎えました。 初日、2日目と少々欲張り過ぎたので、今日はあまり動き回らずに、 京都市内の大好きなところを巡ったり、カフェでまったりと時間を過ごしたり、 京都らしい小物の並ぶお店を眺めたりして過ごしました。 まずは、大好きな「智積院」から。 朝の京都駅は人が溢れ、バス待ちの長い行列に驚いたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 京都2日目

晴れたり曇ったり、雲の動きは慌ただしかったけれど、 お陰さまで、京都2日目も楽しく過ごせました。 今日は、西山から大原野辺りを散策しました。 まずは、瓜生の「光明寺」。 何年か前、「そうだ!京都へ行こう!」のポスターになったところ。 真っ赤な紅葉には、少し早かったようですが、赤・黄・緑の紅葉が、 ”紅葉の参道”を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013 京都1日目

昨夜の夜行バスに乗って、今朝6時半に京都に到着しました。 去年の京都の紅葉が素晴らしかったので、今年はどうかと少し心配していましたが、 去年ほどではないけれど、やっぱり真っ赤な京都が待っていてくれました。 まずは、朝8時半の開門を待って、「東福寺」へ。 通天橋の紅葉の鮮やかさに息を飲みました。 今年は、方丈庭園…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

頑張っています!

曇り空から、時折雨が落ちて来る空模様。 でも、予想気温が低めだったので、今日も意を決して母の家の片付けに行って来ました。 再度片付けに着手し始めてから、今日が2回目。 早くも心は挫けかけていますが… それでも、何かしないとことは進まないので、頑張りました。 気温は低めでしたが、湿度が高く、南北の窓を開けても風が通らず、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more