お陰さまで3週間

お陰さまで、今日で優希くんが産まれて3週間になりました。
そして、娘と優希くんが退院して我が家にやって来てから、2週間になります。
そろそろ、娘も床上げの時期でしょうか。
娘も私も、小さくて抱っこしたり沐浴させたりすると壊れてしまいそうなゆうくんの扱いに、少しずつ慣れてきました。


体重も、娘が体重計に乗って自分の体重を量り、
それからゆうくんを抱いて体重を量り引き算をするという簡易な量り方ですが、
3100g~3200gまで増えました。
産まれた時が2700g、退院した時が2600gですから、400g~500g増えたことになります。
何だか手足も長くなったようで、最初は肌着の中に埋もれていた手足は、
今はしっかりと外に出ています。


手足を盛んにバタバタさせて遊んだり、
自分の握りこぶしをじっと眺めているような仕草も見られ、
そんな姿に、産まれたばかりの頃からの成長が感じられ、本当に可愛くて仕方がありません。


ただ、ゆうくん、このところ少し自我が出てきたのでしょうか?
泣きぐずる時間も増えてきました。
泣き声も、家に帰ってきた頃に比べると随分大きく力強くなりました。
顔を真っ赤にして体中で泣くので、
最初の頃、「泣いていても可愛い!」と思っていた気持ちが、
「出来ることなら泣かないでいて欲しい」へと変わって来ています。
そんなこちらの気持ちが、もしかしたら通じているのかも知れません。
ゆうくんも、小さくても世界に一つだけの大切な命を持った存在。

毎日が同じようにいく訳がありませんよね。
お腹が空いた時も、甘えたい時も、眠くてもなかなか眠れない時も、お腹が張っている時も…
泣くにはそれなりの理由があるのですよね。
泣くことでしか表現出来ないゆうくんをきちんと受け止めてあげて、
こちらの都合を押し付けないことも心がけなくてはいけないのだと思います。


明日からの1週間は、生後1カ月に向けて1週間。
今しか楽しめないゆうくんの可愛さをたくさん実感しながら、日々を過ごしてゆきたいです。


生後3週間目の「今日のゆうくん」

画像
ご機嫌顔
画像
見つめる!
画像
手足パタパタ
画像
大あくび


さて。
関東地方に縦の帯状にかかり続けていた雨雲。
栃木県、茨城県に特別警戒情報も発令されましたが、
鬼怒川の氾濫による大きな被害が出てしまいました。
自然の脅威を改めて感じながら、テレビの画面を祈るような気持ちで見守る一日になりました。


お陰さまで、我が家の辺りは昨日の午後がピークで、その後は被害も出ませんでした。
今日も大雨警報が発令され、避難勧告は依然そのままだったのですが、
運良く雨の降り方に波があったので、
川の水量も昨日より増すこともありませんでした。
そして、夕方には、全ての警報が無事に解除になりました。


警報が解除になった後の我が家の周辺の風景。

画像
川の水位はほぼ平常に戻りました
画像
金色に輝く西の空
画像
神々しくさえ感じる沈む夕陽
画像
夕陽を受けて輝く川



自然はかくも美しく、
けれども、時に牙をむき出し甚大な被害をもたらす恐ろしさも持っています。


ゆうくんのように、一人では何もできない生活弱者を抱える立場に初めて立って、
改めて、災害とどう向き合うかを考えさせられました。
「備えあれば憂いなし」「自然を侮ってはいけない」「早めの準備・早めの避難」
みな、心しなければならない言葉です。

被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げるとともに、
今回の大雨による被害から得たものを、どう生かしていくかを常に考えていきたいと思いました。









読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい