海街Diary

今日は、娘と「海街Diary」を観に行ってきました。

画像


ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。
メガホンを取ったのは、『そして父になる』などの是枝裕和監督。

鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。
そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届きます。
葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面します。
身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。
その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛けます。
こうして4姉妹の鎌倉での生活がスタートします。
特別な展開こそないけれど、
1年を通して起こるさまざまな出来事を経て、幸・佳乃・千佳、そして新たに家族家族として加わったすずが、絆を深めていく姿を追うという温かいストーリーの映画でした。

私はコミックを少しばかり読んでいましたが、
今回の映画は、大部分が「海街Diary1」をなぞったものでした。
すずが香田家に受け入れられ、姉妹が絆を深めていくという温かさは良く伝わりましたが、
姉妹に的を絞り過ぎたために、原作を読んでいた分、少し物足りなさを感じた部分もありました。

すずの所属することになったサッカークラブ「湘南オクトパス」での話が、殆ど抜け落ちていました。
「湘南オクトパス」の話の中には、“生きる”ことの辛さと大切さが含まれていたので、
そこは取り入れて欲しかった気がします。
舞台となった鎌倉の四季の捉え方も、少し表面的過ぎたかな…と。
原作の中に出てくる、季節ごとの寺社の美しさやお祭りなどがもう少したくさん取り入れられていたら、
地元民としては嬉しかったのに、などと思いながらスクリーンを見つめていました。

ただ、大好きだった「最後から二番目の恋」の舞台となった「極楽寺」「坂の下」「御霊神社」などが、また脚光を浴びていたのには、大満足です。


役者さんに関しては、「長澤まさみ」さんの成長ぶりがとても心に残りました。
もう、7~8年前のことになるかと思いますが、
ドラマ「セーラー服と機関銃」で共演していた「堤真一」さんも出演されていたこの映画。
「セーラー服と機関銃」にエキストラ出演をして、偶然長澤まさみさんと堤真一さんのテイクを見ていた私。
あの頃は、演技が下手で、台詞も棒読みで何度も撮り直しをしていた長澤さんの姿を思い出して、
いつの間にか、こんなに良い女優さんになったのだと、ちょっと感動しました。

「海街Diary」の佳乃さんの役は、どこか「最後から二番目の恋」の千明さんの役に共通する部分があって、
長澤まさみさんも、将来は小泉今日子さんのような女優さんになるのかな…などと考えてしまいました。


他にも、樹木希林さん・キムラ緑子さん・大竹しのぶさん・風吹ジュンさん・リリーフランキーさんなど、重鎮が脇を固める豪華さには圧倒されました。


総じて、原作を少し知る地元民としてはちょっと物足りなさはあったけれど、
配役や流れる優しく穏やかな愛に満ちた時間には満足していると言ったところでしょうか。


今日映画を観に行ったのは、辻堂の湘南テラスモールの中にある映画館でしたが、
やはり地元を意識してか、こんなお洒落な写真展も見られました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像



今、日課にしている娘との毎日のお散歩に、
今度は、この「海街Diary」のロケ地巡りも取り入れてみようかな。
映画を観終わって、そんな気分になっています。









読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス