雨の鎌倉文学館

冷たい雨が降る、荒天の一日でしたが、
今日はお友だちと、「鎌倉文学館」に行って来ました。

旧侯爵前田侯の別荘として建てられたという、「鎌倉文学館」。
庭のバラが美しいので、時期に訪れることはありましたが、
師走に来るのは初めてでした。

画像
画像
画像


文学館に向かう道の紅葉が、雨に濡れてしっとりと美しかったです。
思いがけず、名残りの紅葉を眺めることが出来て、何だか嬉しくなりました。

「鎌倉文学館」では、今、「冬柏山房に集った文人たち」と「文学館のクリスマス」の展示が行われています。
文学館の入り口のクリスマスオーナメントがとても可愛かったのですが、撮影はここまで。

画像


館内のクリスマスの写真は、鎌倉市の資料をお借りしました。

画像
画像
画像


横浜山手の洋館ほど華やかなものではありませんが、
暖炉のある部屋にクリスマスの飾りが良く似合います。


収蔵品展「冬柏山房に集った文人たち」も、なかなか興味深いものでした。
「冬柏山房」というのは、昭和の初め、実業家で歌人の内山英保が御成町の山に設けた山荘だそうで、
与謝野寛・晶子夫妻、吉井勇、徳富蘚峰ら、多くの文人たちが集ったサロンのような存在とのこと。
“冬柏”は“椿”のことで、与謝野寛が庭に椿の花が落ちていたことからその名を選んだと聞くと、
ちょうど季節も重なり、何とも趣深い感じがします。

今は、「冬柏山房」もなくなってしまいましたが、
色々な資料から、昭和の初めに鎌倉に花開いたサロンを偲び、古き良き鎌倉に思いを馳せました。


相変わらず、冷たい雨は降り続いていましたが、
庭に出て、文学館の建物や庭を彩る紅葉を眺めました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


これが、今年の紅葉の見納めになるかも知れません。


冷たい雨に体も冷えたのでと向かった先は・・・
今日も、お馴染の「カフェ・カプア」さん。

画像


熱々のジンジャーミルクティを飲みながら、
サツマイモのパンケーキを頂きました♪
身が縮こまるような寒さの中でしたが、お友だちと楽しくお喋りをしながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。

明日も、爆弾低気圧が大暴れしそうな予報です。
低気圧の進路の方は、どうぞくれぐれもお気を付けてお過ごし下さいませ。









読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス