祇園祭・山鉾巡行(長刀鉾)

今年は、ついに…
生まれて初めての「祇園祭・山鉾巡行」を見ることが出来ました。

朝、5時半に夜行バスで京都に到着。
夜行バスのラウンジで支度を整えたり、
「東寺」の蓮を見に行ったりした後、
8時前に四条烏丸の交差点近く、「長刀鉾」の側に位置取りをしました。
まずは、「長刀鉾」の出発からの見学です。
23基の山鉾が四条烏丸を通過した後は、新町通りに移動して、辻回しの見学を。

これまで見てきた「宵山」とは、やはり全く趣が違い、
これぞ、「祇園祭」という雰囲気を存分に味わうことができ、
今も頭の中で、雅な、しかし勇壮な山鉾巡行の光景と、コンチキチンのお囃子の音が巡っています。
暑さは厳しかったですが、日本の夏の風物詩を満喫することが出来て、とても幸せでした。

無我夢中で、たくさんの写真を撮ったのですが、
今日は、「長刀鉾」の出発の様子をご紹介しようと思います。

画像
画像
画像
出発を待つ長刀鉾
画像
お祓いを受ける囃子方
画像
祭り方の肩車で稚児の登場
画像
長刀鉾に乗り込む稚児
画像
綱を切り落とす稚児
画像
画像
画像
稚児が乗り込みいよいよ鉾の出発の準備が整いました
画像
いざ出発!
画像
画像
出発した鉾は、あっという間に通り過ぎてゆきました

ここまで、1時間以上の時間が経過して、
最初のうちはまだそれほど多くはなかった観客が歩道に何重にも重なり、
そんな中で、今まではテレビの中の光景だった長刀鉾の出発の伝統の儀式を、
間近に眺めることが出来て興奮気味の私でした。



さて。
「祇園祭・山鉾巡行」を見学するという、長い一日を終えて、夜には既に帰宅した訳ですが、
帰宅途中に、ちょっと感動の出来事があったので、
記しておきたいと思います。


それは、新横浜の横浜線のホームでの出来事でした。
突然、一人の女性から、
「失礼ですが、朱丸さんですよね?」
と、声を掛けられたのです!

このブログを見ていて下さる方とのことで、
私と娘の姿を見て、私が“朱丸”であると直感して下さったそうです。
とてもビックリしたと同時に、不思議な気持ちになりました。
何か、目には見えない縁のようなものを感じました。


この、「朱丸のいつもはじめ」というブログを書き始めて、もうすぐ8年になりますが…
続けることのみを一番に考えてきたブログ。
特別なことを書いている訳でもなく、特別に注目されることも無く、
ただ、淡々と日常の暮らしや、花や、鎌倉のことを書いては、写真を載せて来たつもりでした。
そんな私のブログを読んで下さって、
私や娘のことを考えて下さっていた方がいらしたことに、感動し、
ちょっぴり恥ずかしい気持ちにもなりました。


でも、そんな風にブログを見ていて下さることに感謝しつつ、
これからも、気負わず無理せず、「朱丸のいつもはじめ」を続けていきたいと思います。


今日は、本当に色々な意味で、嬉しくて幸せな一日になりました。











読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス