春うらら

爆弾低気圧の過ぎ去った後は、まるで台風一過のような青空が広がりました。
「ソメイヨシノ」も、まだ咲き始めだったので、嵐に負けずに可憐な花を咲かせていました。

画像
青空とのコントラストが素晴らしい~♪

桜の季節になると、いつも思うのですが、
いつも歩いている町の風景が、どこか違って見えるから不思議なものです。
まるで、桜が町中に魔法をかけたみたいですね。

例年よりかなり遅れて、「花桃」の花も咲き始めました。

画像


まさに、桜と桃の競演ですね!
昨日の嵐の名残りの強い風が、少し気になりましたが、
それでも嬉しい“春うらら”の風景です。


そんな素敵な花模様を眺めた後。
今日は、母の家の片付けに行って来ました。
6月頃までには、家の中にモノのない状態にして、リフォームをお願いしようと心を決めたので、「有言不実行」にならないように頑張っています。

今日は、まだ家のあちこちに残っていた本類を、いつでも古本屋さんに持って行かれるように紐で括り、
食器棚やリビングボードの中の食器類を、処分するものと、リサイクルに回すものとに分けました。
母の家には、私の祖父母の代からの食器類も残っているので、そういうアンティークなものは、どなたかに貰って頂けたら…
と、考えています。

画像
画像
こんなコーヒーカップや…
画像
こんなフルーツ皿のセットや…
画像
江戸切子のワイングラスや…
画像
ちょっと骨董っぽい食器セットや…
画像
時代がかったお盃のセットなど

いずれも、大正末期から昭和初期のものだと思います。
私が子どもの頃、祖父母が揃って健在だった頃には、特別のお客様がいらっしゃる時にしか使っていなかった食器たち。
どうしても、スパッとゴミにして処分してしまう気持ちになれません。
アンティークショップかリサイクルショップに持ち込んで、何とかならないかと色々調べてみています。

まだまだ時間は掛かりそうですが、週に1~2回は足を運んで、
捨てる物は潔く捨て、処分に困る物は、一旦家に持ち帰って中身をしっかり確認しようと思っています。
写真を撮って、記録だけ残して処分するという方法もありますものね。


今日の片付けを終えて、家に帰ろうとモノレールの駅まで歩いていると、雲一つない西の空に、“夕照富士”のシルエットが望めました。

画像


富士山に、「お疲れさま!」と言ってもらったような気がして、ちょっと嬉しくなって家路につきました。
今日も良い日になりました!
明日もお天気は良さそうなので、またきっと素敵な桜の風景に会えることでしょう。









読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ