ジンジャーの花 2011

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが…
今日も、残暑の厳しい一日でしたね。
果たして、お彼岸に入る頃には、涼風が感じられるようになっているのでしょうか。


昨夜、今まで練習してきた「ガーシュウィン」の“I got rhythm”を発表会で弾くことを断念しました。
そして、新たにどんな曲を弾こうかと考えた結果、“JIN-仁‐Main Title”を選びました。
パソコンで楽譜とレジストデータを取って、早速練習を始めました。
ずっと難しくて、テンポの速い曲に苦戦していたからでしょうか。
練習もサクサクと進んで、心にも何だか余裕が生まれたような気がします。
高いレベルの曲に取り組んできたことは決して無駄ではなかったのだと実感しました。


心の余裕は、暮らしの余裕にも繋がって…
残暑は厳しいけれど、ギラギラ輝くお日様と、真っ青な空の下。
布団をいっぱいに干したり、何度も洗濯機を回して大物を次々と洗濯したり、旅から戻って以来手抜きになっていた家事をしっかり頑張ることが出来ました。
久々に、のんびりと花探しの散歩も楽しめました。

毎年、夏の終わりに香りの良い真っ白な花を咲かせてくれる「ジンジャー」。
今年も出会うことが出来ました。

画像
画像


毎年、同じような時期に馴染みの花に出会えると、1年が無事に過ぎたのだという感謝の気持ちと安堵感で、何だかとても嬉しくなります。
「よくぞ、今年も咲いてくれて有難う!」という思いと、
「今年も出会えてよかった!」という2つの思いが込み上げてきて、思わず花に語りかけてしまいます。

毎年書いているような気がするのですが、「ジンジャー」の花の姿は、白い蝶を思わせます。
夏の終わりに、フワッと舞い降りてきた白い蝶のような美しい姿。
芳しい香りと共に、夏の疲れを癒してくれるような気がします。
但し、この「ジンジャー」の花は、食用にされる「生姜」の花ではないそうですが…


気持ちをリセットして、新しい曲に取り組もうとしている私に、
「ジンジャー」の花がエールを送ってくれているようにも感じられました。
真っ白な、蝶のように美しい「ジンジャー」が人々の心を癒す香りを漂わせるように、
聴く人の心に少しでも届くような演奏をしたいと思います。


9月9日分の日記を更新しています。
宜しかったら、併せてご覧くださいね^^;








読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0