お盆の入り

今日は、新のお盆の入り。
我が家では、新暦でお盆を迎えます。
例年なら、まだ梅雨時ですが、今年は真夏日の盆の入りになりました。

ただ…
私は、主人も母も、いつも身近にいて見守ってくれていると信じているので、
お盆だからと言って特別なイベントはしません。
気持ちだけ、形だけ。
朝、仏壇のお水を変えて掃除をした後、お寺さんから頂いた絹張りの盆提灯を出して、組み立てて飾りました。
灯りを点けると綺麗ですが、今年は節電の夏ですから、控え目にしなくてはいけませんね。


先日、“ポッコさん”のご主人に頂いた、「風のガーデン」の“貞三先生の花言葉”の本を眺めていたら、
「妖精たちの新盆の迎え火」という花言葉を持つ花を見つけました。
確か、毎年見かける花だと思い立って、探しに出掛けました。

画像


思った通りの場所に、予想通りにこの花を見つけた時には、何だか主人や母と気持ちが通じたようで嬉しくなりました~!

“ハナシノブ科”の「フロックス・パニキュラータ‘ノーラレイ’」
和名の「花魁草(オイランソウ)」の方がポピュラーですね。
ホッコリとした、丸い花の形を、花魁がたくさんの簪を挿している姿に見立ててついた名前が「花魁草」です。

ドラマ、「風のガーデン」の中では、岳くんが、
「白い花びらの中にピンクの斑点があるもので、おじいちゃんが創った花言葉は、妖精たちの新盆の迎え火です」
と言っていましたっけ。
きっと、「風のガーデン」でも、この花が咲いていて、
緒形さんもご覧になっていらっしゃったのでしょうね~


相変わらず、真夏日が続いていますが、
束の間、富良野の「風のガーデン」に吹きわたる風を感じで、爽やかな気持ちになりました。


夜には、盆提灯に灯りを入れ、帰宅した娘と仏壇にお燈明を点し、香りの良いお香をあげて合掌しました。
主人や母の魂は、いつも私たちの傍で見守ってくれているから、
敢えて「お帰りなさい」ではなく、「いつも有難う」の気持ちを込めて。
お盆だからと特別な何かはしないけれど、週末には納骨堂にお参りに行けたら良いなぁ…と思っています。
そうしたら、きっと喜んで、もっともっと私たちの日々の暮らしの安寧を護ってくれますよね。







読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0