プリンセストヨトミ

今日は、久し振りに映画を観に行って来ました。
「鹿男あおによし」でお馴染の“万城目学さん”原作の「プリンセストヨトミ」。
「鹿男…」がとても面白かったことと、
“堤真一さん”“中井貴一さん”“綾瀬はるかさん”と、豪華な出演陣に惹かれて。

画像
画像


1615年の大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔が今も生き続け、大阪の男たちは400年もの間その秘密を守り続けていました。
国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の精鋭3人は、ふとしたことからその真実を知ってしまい、大阪の公共機関や商業活動など、あらゆる機能が停止する一大事件に巻き込まれていきます。
ストーリーは、奇想天外ではありますが…

大阪国・総理大臣を演ずる“中井貴一さん”の存在感が圧倒的でした。

そして、何より心に残ったのは、
「父親から息子に引き継がれていく絆」
というものでした。

自分の親を避け、その絆を引き継げなかった“堤真一さん”の後悔の気持ちが、最後の場面に現れていたところも印象的でした。

明日は、「父の日」。
そういう日を前に、「プリンセストヨトミ」を観られたのも、不思議な縁によるもののように感じられました。


そうそう。
「鹿男…」で、“綾瀬はるかさん”とコンビを組んでいた“玉木宏さん”が、ほんのチョイ役ですが登場して、“綾瀬はるかさん”との絡みを見せてくれていたのも、「鹿男…」ファンにとっては、嬉しかったですね。


久し振りに映画館に足を運んで、大きなスクリーンで映画を観ると、
やはり、家でDVDを観るのとは違った感激があります。
予告編を観ているだけでも、「あれも観たい!これも観たい!」という気持ちが湧き起こって来ます。

家にばかり籠っていないで、
これからは、水曜日のレディースデーを狙って、観たい映画をまた、たくさん観られる生活に戻れたらいいなぁ~







読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0