地震と台風

今夜8時前に、久々に大きな地震がありました。
私は、母の病院からの帰り道、娘と駅に隣接した「ルミネ」の6階の本屋さんにいまいした。

最初は、本棚の上のプレートが揺れているのに気づきました。
一瞬、私が眩暈を起こしているのかと思いましたが…
隣に居た娘が、
「揺れてるよね?」
と言うので、これは地震なのだと確信しました。

小刻みな横揺れが暫く続いた後、更に大きな横揺れがやってきました。
何となく、とても嫌な揺れ方でした。
“あっ!これはかなり大きい!”
と思いました。

でも、本屋さんの中は、意外と静かでうろたえる人はいませんでした。
棚から本が落下するような気配もありませんでした。
私は心の中で、
“もしも、このビルが倒れるようなことがあったら、家のマンションも当然倒壊するだろう。
それなら、ここに居た方が安心だ。”
とも、思っていました。

私たちが立っている棚の後ろを通り過ぎた人が、
「震度3か4くらいかしらね。
きっと、どこか遠いところで規模の大きい地震が起きたのかも知れないわね。」
と話していたので、それも安心材料になりました。

揺れはかなり長い時間不気味に続いていました。
携帯で、Yahoo!のニュースを検索すると、「最大震度4」との表示。
これ以上大きくなることはないと判断して、探していた本を見つけて買い求めました。

少しして、母から電話がかかってきました。
「物凄く大きな地震だったけれど、もう家に帰っていた?大丈夫?」と。
「ルミネにいたから大丈夫よ!そっちは揺れて気分が悪くなったりしてない?」
と尋ねたら、
「揺れている途中で気持ちが悪くなって戻してしまったの。」
と言われ、逆にガッカリしてしまいました。


今年は、関東では梅雨明け後に梅雨の戻りのような天候が続き、8月になって漸く夏らしい気候になりました。
けれども、それも安定した印象ではなく、いつゲリラ豪雨が襲ってくるか分からないような不安定な状況です。
湿度が高く、連日とても蒸し暑いのですが、夏空が一日中続く日は殆どありません。
傘を持たずには、絶対に外出できません。

九州・中国地方では、豪雨による災害が続いています。
さらに、追い討ちをかけるように、台風9号が接近しています。
この台風は、太平洋沿いを北上して、どうやら関東地方にもやってきそうな気配です。
すでに、明日は豪雨の恐れがあると言われています。
台風がやってくると、海ではもう夏も終わりだと言います。
土用波が起きるようになったり、電気クラゲが波打ち際までやってくるようになって、海水浴には適さなくなるからです。
まぁ、最近では海水浴という気分で海に来る人もあまりいないのでしょうけれど。
それにしても、今年の夏は短そうな予感がします。


こうした異常気象が起こると、何か天変地異の前触れのように感じられてとても不安です。
そこにきて、今日の地震。
その不安をより大きくさせます。

防災の意識は、常に持っていなければならないのですが、ついつい何もないのが当たり前になっていて…
我が家では、水を常備すること以外には、あまり備えらしいことはしていません。
これからは、少しずつ家の中の不用品を処分するだけでなく、地震に対する備えもしていかなければいけないと改めて思いました。

どうか、台風がこれ以上大きな被害をもたらさずに通り過ぎて欲しいものです。
そして。
これは蛇足ですが…
明日の鎌倉の花火大会。
天気予報は終日雨マークだし、波も高そうなので中止になるのかな。
密かに、行ってみようかと考えていたので、ちょっと残念です。
なんて、のんきなことを言っている場合じゃありませんね。







読んで頂き有り難うございます!
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0