銀木犀の二度咲き

今日は、お天気も今ひとつで、とても寒い一日でした。
でも、母の病院の付き添いに、しっかり寒さ対策をして、お出掛けしました。

母は明後日、泌尿器科で「水腎症」の治療のためのステントを入れる簡単な手術を受ける事になっています。
そのために、今日は、泌尿器科の診察を受けました。

簡単な手術といっても、腰椎麻酔をしなければならないので、母はとても不安がっています。
万が一、麻酔による事故が起こったらという心配もあるようですし、麻酔後、丸一日、頭を上げないように寝ていないと、酷い頭痛が起こるということへの戸惑いもあるようです。

泌尿器科のドクターは、とても豪快な方で、遠慮なくいろいろ仰るので、私は説明をとても分かりやすいと感じたのですが、それが逆に母の不安をより大きくしてしまったようです。

掛かりつけの外科の先生は、ステントを埋め込むのは今がチャンスと仰っています。
何とか母が気持ちを落ち着けて手術を受けられるようになって欲しいものです。

病院からの帰り道、自転車を走らせていると、どこからかほのかな香りが漂ってきました。
立ち止まって、辺りを見回すと、目に付いたのは…
一瞬「柊」かと思いましたが、葉っぱを確認すると「銀木犀」でした。

画像


今年、「銀木犀」の花を見たのはこれが二度目です。
日記には載せていなかったようですが、10月22日に、「銀木犀」の花を見つけて写真に収めていました。
同じ日に見つけた、たくさんの団栗のことを日記に書いてしまったので、「銀木犀」の写真は紹介できずにいたようでした。
それから、二月が過ぎ、季節はすっかり冬になったというのに、秋の花「銀木犀」が花をつけたのはどうしてなのでしょう。

去年、「金木犀」の二度咲きの日記を書きましたが、その時は、こんなに寒くなってからではありませんでした。
植物は、不思議ですね。
何を感じて、二度咲きしたのでしょう。
花に耳を近付けたら、その声が聞こえたらいいのになぁ…などと思ってしまいます。

仕事の悩みが漸く解決したと思ったら、今度は母のこと。
悩みやトラブルは続きますが、それでも、花を眺める余裕が戻ってきました。
母が、心穏やかに手術を受けてくれますようにと、思いがけず再会した小さな銀の星に祈ってみたりしました。




読んで頂き有り難うございます!
よろしかったら、ブログランキングのクリック、お願いします!

人気blogランキングへ

仲良し親子を応援して下さいね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0