久し振りの差し入れ

私の日記に、長いことお付き合いくださっている方は、ご記憶に残っているかと思いますが、私の塾に、今年の3月に卒業したCちゃん、という女の子がいました。
とても賢い子なのに、要領が悪く、先生との折り合いが悪くて納得の行く内申点を貰えなかった子です。
でも、彼女も無事に志望校に合格して、高校生になって半年が過ぎようとしています。

今日の塾の勉強中、突然玄関のチャイムが鳴りました。
「今頃誰だろう」と、不審に思いながら出てみると、そこには懐かしいCちゃんの姿が…!!

「先生、差し入れ~!!」
と、これまた懐かしいCちゃんのお母様手作りのドーナッツ!!

画像


お母様からのお手紙付きです。
「先生、お元気ですか。
今日は、突然Cがお邪魔すると言い出しましたので、彼女のリクエストでまた、お菓子を作ってしまいました。
生徒さんたちとご一緒にどうぞ。」

そうなんです。
Cちゃんが卒業してから、こういう心尽くしの差し入れを頂く事はなくなっていました。
久し振りに、Cちゃんのお母様手作りの味をたっぷりと楽しませていただきました。
この暑い中、こんなにドーナッツを揚げて下さったお母様、さぞかし大変だったでしょうと心の中で思いつつ。

Cちゃんは、最初こそ高校生らしい落ち着いた雰囲気でした。
でも、口を開くと、中学生の頃とちっとも変わっていません。
「ここ、すごく居心地がいいなぁ~!なんか、ここに来るとすごく安心する!!」
そう言いながら、ひたすら機関銃のようにおしゃべりをする彼女。

夏期講習のラストスパートで、慌しい時期だったのですが、とても勉強どころではなく、彼女の独壇場になってしまった塾でした。
まぁ、これもまた、受験生たちにとってはいい刺激になったかも知れませんね。

4月に不登校宣言をした、Nちゃんは、学校の試験を期に、再び学校に行かれるようになりましたが、色々な不安や不満は心の中に沢山抱えたままです。
塾が終わった後も、そんなNちゃんの話を、Cちゃんがチョッピリ先輩ぶって聞いてあげていました。
二人はいつまでも腰を上げることなくお喋りを続けていました。

いろいろな事情があって、この塾も先はそう長くはなさそうです。
でも、こういう人と人との関わりの場として、いつまでも彼女たちが駆け込める場所ではあり続けたいと思いました。

卒業生が遊びに来てくれることは、本当に嬉しくて有難い事です。
それは、私の塾が受験のための勉強をするだけの場所ではなかったという事に繋がるような気がするからです。

「先生のところのお姉ちゃんの分は残しておいてね!」
というCちゃんの言葉に、有難く残しておいたドーナッツを夕食後、娘と二人で、また頂いてしまいました。

Cちゃんのお母様にはお礼のメールを入れ、「涼しくなったらランチでもご一緒しましょう」とお約束したのでした。

ちょっと予定は狂ってしまったけれど、嬉し、懐かしの今日の塾でした。





読んで頂き有り難うございます!  
よろしかったら、ブログランキングのクリック、お願いします!



仲良し親子を応援して下さいね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0