この間のお話…

プロバイダーのメンテナンスに引っかかってしまい、ブログの更新が出来なかった日のお話です。

その日、私は12時から1時までの「アクア」を楽しんだ後、家庭教師の生徒の家に出かけました。
「アクア」に出かけたときには、小雨が降っていたのですが、終わってクラブから出てくる頃には、雨も殆ど上がっていました。
勿論、家庭教師が終わった時間も、雲は重かったのですが、雨は降っていませんでした。

ここ1ヶ月の間、時間差攻撃のように私を苦しめていた、中学生のテスト対策も全て終わり、後は夏休みを待つばかり!!
その開放感から、ウキウキと住宅街の街路をあちこち歩き回って、お花を探しました。

実は、その前の日から、気になっていた白い「ルリマツリ」に似たお花がありました。
丁度、そのお花が、垣根から溢れるように咲いているお家の前を通りかかった時、そのお宅の上品なおばあちゃまが、お花のお手入れをしていらっしゃいました。

パッと目が合って、思わず私は話しかけてしまいました。
「清楚で綺麗なお花ですね。ルリマツリですか?写真を撮らせて頂いても宜しいでしょうか?」
と。

すると、そのおばあちゃまは嬉しそうに、
「こんなにたくさん咲いたのは今年が初めてなんですよ!!
なんというお花かは存じませんが、目を留めてくださる方がいらして、嬉しいですわ。
写真を撮っていただくほど立派な花ではありませんが、宜しかったらどうぞ。」
と、快く写真を撮らせてくださいました。

画像

           これが、撮らせて頂いたお花です!!
           ブルーだけじゃなくて、白い「ルリマツリ」っていうのもありますよね~??


更に、
「宜しかったらお持ちください。」
と、その花を一枝切って、私に手渡してくださいました。

「有り難うございます。綺麗なお花嬉しいです!!」
と言ったものの、アクアの水着やタオル、家庭教師の荷物で、バッグはいっぱいいっぱい。
翌日の「国定忠治」のチケットを買いに行く予定もありました。
その上、買い物もするつもりでした。

小さなその一枝を、どうやって持っていれば良いのか分からなくて、正直少し困ってしまいました。
でも、せっかくのおばあちゃまのお気持ちですから、むやみに捨ててしまう事も出来ません。
レスポのボストンの外ポケットにそ~っとしまい、その後の予定を済ませて家に帰ってきました。

お花は、随分潰れてしまっていましたが、幸い折れてはいませんでした。
急いで、小さな花瓶に入れました。
「元気になぁれ~♪」
と、おまじないをかけて…

翌朝見てみると、潰れていたお花は落ちていましたが、前日蕾だったものが、綺麗に咲いていました。

画像


何だか嬉しくなって、仏壇の主人の写真の前に飾りました。
「昨日、こんな事があったのよ~!」
と、語りかけながら…

あれから、数日。
主人の写真の前で、毎日一つずつ花が落ちて、蕾が花を咲かせています。

こんな風に、お花を介して、知らない人とお喋りをしたり、一枝を頂いたのは初めての体験でした。
でも、何ともいえない温かいものが心に残って、
「花は、人と人との心を繋ぐものなのかも知れないな…」
と、思ったりしました。
忙しかったけれど、とても素敵なある日のお話でした。





読んで頂き有り難うございます!  
よろしかったら、ブログランキングのクリック、お願いします!



仲良し親子を応援して下さいね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0